topimage

2017-05

ボーイスカウト福岡第40団のご紹介 - 2016.08.27 Sat

こんにちは   
ボーイスカウト福岡第40団です。
ボーイスカウトには、楽しい~ がいっぱいです。

 自然の中で活動するから楽しい 
 仲間と作ったご飯は失敗 しても美味しい
 頑張ったら仲間が認めてくれるから嬉しい
 先輩、後輩といろんな話ができるから楽しい
 先輩が教えてくれるから素直に聞ける
 新入君も先輩の後ろ姿をみてどんどん成長
 雨、風、雪。。みんなで知恵をしぼって克服
 仲間といっしょなら きつくても楽しい
 隊長は怖い けど、本当は優しい。。
   
こんな体験を通して   
 先輩、後輩、大人との接し方を学び
 集団の中での自分の役割を体感し

 おもいやり や リーダーシップ  が
 自然に身に付きます
  

福岡40団は、
こどもたちの成長を心から願っています
[広告] VPS

40団だよりのご紹介 No.1 - 2014.05.02 Fri

こんにちは
福岡第40団では広報誌『40団だより』を年に3回発行しています。
『40団だより』に掲載した感動?の作文を不定期で紹介しようと思います。
記念すべき第一回は、団委員さんの思いが詰まった作文をご紹介します。

ボーイスカウトで思う事(平成25年1月号 団委員H)   

19歳の長女が5歳の時にボーイスカウトに入りました。
カブ、ビーバー隊の活動を子ども達は楽しんでいました。
私はというと子どもが楽しんでいるから、まあいいかという感じでいました。

しかし、ボーイ隊の活動では一変して違いました。
とてもきつく、親が見てもつらいと思うこともありました。

でも、ボーイ隊の子どもたちをみていると感じるんです。
成長のすごさがわかるんです。
いろんな子どもたちをみてきましたが、涙が出る位みんな成長していってるですよ。
我が子じゃないのに嬉しいんです。

なんでかなあと考えてみると、子どもたちがきつくても頑張っている事を
知っているからだと思うんです。
ボーイ隊できついと子どもがぼやいたら背中を押してあげて下さい。
絶対その先には涙が出る位の成長が見れますから


DSC09553.jpg

平成25年1月号 団委員H

にほんブログ村 アウトドアブログ ボーイスカウトへ
 ↑ 福岡40団を日本一に! ポチっとお願いします。

ボーイスカウト活動のご紹介 - 2010.07.04 Sun

ボーイスカウト活動って?

スカウト運動の創設者ベーデン-パウエル卿の言葉を紹介します。


スカウティングは 真面目に勉強しなければならない学問ではない。

少年たちに規律を繰り返し教え込んだり その個性や やる気を抑圧するような軍隊的規律でもない。

それは 野外での楽しいゲームである。

そこでは、少年の心を持った大人たちと少年たちが兄弟として冒険にでかけ健康と幸福、

技術と役に立つことを身に付けることができる場なのです。

                              
  
ベーデン-パウエル著「隊長の手引き」より

    a-wanta005.gif         a-wanta008.gif          a-wanta086.gif                   

     

266社会奉仕や自然体験などの活動を通して 生きる力を 育てます!    

    ・生命を尊重する心    

    ・他者への思いやりや社会性    

    ・倫理感や正義感    

    ・美しいものや自然に感動する心  

266体験入隊 受付中です! 左下のメールから お問い合わせ下さい!

 266ボーイスカウト活動について もっと知りたい方はボーイスカウト日本連盟のホームページをご覧下さい。 

               30              30  

 ボーイスカウト日本連盟    スカウトムービー 

                     

                 a-scout_space002.gif                       

                                            文責 福岡第40団広報委員

ボーイスカウトはインターナショナル! - 2010.03.31 Wed

世界のさまざまな国の人々と友だちになれるというのがスカウト活動の魅力です。
とにかく地球規模のワイドな活動です。全世界でスカウトたちは活躍しています。

現在、スイスのジュネーブに本部を置く世界スカウト機構には160の国と地域が
正式加盟、2800万人が活動しています。もし世界地図をもってきてスカウト活動を
行っている国に色を塗ると、ほとんどすべての陸地が塗りつぶされてしまいます。

もちろん日本のスカウトも世界中のスカウトと友だちになるチャンスがあります。
4年に1度開かれる世界ジャンボリーなど、全世界からスカウトの代表が集まる
キャンプ大会や 外国のスカウトを日本に招くこともあります。名実ともに
インターナショナルな活動です。
2015年には日本で世界ジヤンボリーが開催
されます。
 
21世紀は国際化の時代といわれています。ボーイスカウト活動に参加し、
世界的視野で地球規模のプランを立ててみてはいかがでしょうか。

  ~ボーイスカウト日本連盟発行、スカウト活動ここが知りたいQ&Aより抜粋


EPSON001.jpg

福岡40団のスカウトも世界中で活躍してますよ!  ⇒⇒  CJKプロジェクト

  さあ君も 世界中に仲間をつくろう!

                                          文責 福岡第40団広報委員

キヤンプは子どもの脳を育てる~体験・経験の重要性 - 2010.03.25 Thu

日本連盟機関紙「SCOUTING」2009年7月号に掲載された信州大学教育学部
医学部大学院教授 寺沢宏次氏 の論文の一部をご紹介します。

 ・鬼ごっこ、野球、かくれんぼは、必ずコミュニティーを作らなくては
  成立しませんが、テレビゲームなどには、その必要はありません。
  コミュニティには、医療、医学の原点となる「癒す・治す」を包含して
  いることが明らかになってきています。

 ・便利な生活に囲まれているがために学びのプロセスが脱落し、脳が学習
  できない、つまり経験・工夫をとおして、身体で「わかる」過程を失った
  のです。

 
 ・この状況を改善していく一つの方法としてキャンプがあると思います。
  キャンプは、仲間と集い、身体を動かし、一緒にご飯を作り、一緒に
  ご飯を食べ、癒し、癒されながら脳を活性化し、それらのプロセスに
  よって子どもたちは本当の幸せを感じていくことが考えられます。

   
    ~以上 日本連盟機関誌『SCOUTING』2009年7月号より抜粋                  


  テレビゲームの影響なのか?
  最近、キレやすい子どもが増えているように思います。

  少年は 野へ出よう! そして仲間と いろんな体験をしよう!
  きっと 君の人生にとって とっても大切なものを見つけられるから。


          a-scout_bs020.gif


                ボーイスカウト福岡第40団広報委員

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ボーイスカウト福岡第40団広報委員

Author:ボーイスカウト福岡第40団広報委員
和白丘、和白、新宮、西戸崎周辺を活動拠点にしているボーイスカウト福岡第40団の活動記録です。

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

月別アーカイブ